ベスチャトーガーデン

9月12日

ツアー参加の皆さんと一緒に廻る最後の日、最初の訪問地は
ベスチャトーガーデン。


a0076237_12253885.jpg
ベスチャトーガーデン、2013年7月に初訪問
あれから又絶対行きたいと願っていました。




a0076237_12255284.jpg
願っていると叶うものですね、3年ぶりに又来ることが出来ました!!



a0076237_1226461.jpg
あの時はベスさんと幸運にもお会い出来ましたが、ベスさんも今年93歳になられご高齢でいらっしゃるので
今回はお孫さんのジュリアさんがお迎えくださりました。

ベスチャトーさんが造り上げられたこの庭がこうしてお孫さんへと引き継がれていく事が分かって
ほっとすると同時に、
ベスチャトーさんが庭に出られなくなってもこの庭の中にあるご自宅でこの庭をいつまでも見守っていって欲しいと、切に思いました。





a0076237_12262061.jpg
グラベルガーデン、この日もカンカン照りの暑い日でしたが、この地にあった植物たちが元気に根を張っています。


a0076237_12263053.jpg



a0076237_12264118.jpg



a0076237_12265222.jpg



a0076237_1227918.jpg
赤黒っぽい茎が目を惹く見慣れない植物。小さい可愛い花が咲いていました。この写真では分からないので、検索してみたら、ベスチャトーナーサリーのサイトがヒット。


a0076237_12271678.jpg
写真お借りしました。verbena officinalis var.grandiflora 'Bampton'



ウォーターガーデンへ

a0076237_14261066.jpg
心にしみいる景色というのか、急いで歩きたくない、ゆっくりと進んでいきたいという気持ちになります。


a0076237_14262543.jpg


a0076237_14264567.jpg


a0076237_14312162.jpg


a0076237_14401666.jpg


a0076237_14313970.jpg




a0076237_143235.jpg



a0076237_14323038.jpg
様々なガーデンで使われていたペルシカリア。ここでは背丈が低くこんもりとしていた。Persicaria amplexicaulis 'Golden Arrow'



a0076237_14324110.jpg



a0076237_1433182.jpg
庭にいれたいと思っていたキレンゲショウマ発見。もっと日陰で育つのかと思っていたけれど、イギリスの気候だからかな。


a0076237_14331656.jpg



a0076237_14333799.jpg
グラスと青い花の組み合わせ。やはりこんな色が私は好きだな~~こんな景色作ってみたい。
あっ、このグラスの名前、撮り忘れてしまった。穂の大きさといい姿といいとても素敵。関西ではこうはいかないかもしれないけれど。

9/20追記:吉谷先生がこのグラスの名前記載されていました。
カラマグロスティス Calamagrostis bradhytricha


a0076237_14335432.jpg



a0076237_14342020.jpg



a0076237_1435687.jpg



a0076237_1441749.jpg
もう一度ウォーターガーデンに戻ってきて、去りがたいけれどしっかりと目に焼き付けて。




a0076237_14414631.jpg
ショップも3年前とは改装されていて綺麗になって品数も増えていたようです。入口にあったこのピックが可愛くて、持ち帰りたかったけれど、添乗員さんに無理と言われた。そうよね、長いし先が尖ってて危険物!!


a0076237_14462124.jpg
ナーサリーも綺麗になってた。品揃えも凄くて、買って帰れないけれど、欲しいものがいっぱいあったなぁ。


a0076237_14463250.jpg
多肉が植えられた鉢も綺麗に並べられていて可愛い。


a0076237_14464616.jpg
今回はティールームでランチを頂きました。サンドイッチにスコーン,クロテッドクリームにジャム付き。


a0076237_14465793.jpg
大きなベスさんの写真が貼ってあったので、記念撮影しました。


今私のスマホの壁紙にしています(^^)



大好きなガーデンで過ごした時間はかけがえのない時間でした。
又来れるのはいつかな。



インスタグラムはほぼ毎日upしています
良かったら見てください♪
Instagram








*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-19 22:16 | イギリス | Comments(0)
10日11日の二連泊したのはウッチクロスのカントリーハウスでした。

森の中にある古城のような雰囲気。
a0076237_17303970.jpg



a0076237_17315855.jpg
雪が積もっていたらまるでUSJのハリーポッターのエリアのようです(^^;


a0076237_173294.jpg
植栽もとても素敵です。


a0076237_17321853.jpg
寄せ植えもモリモリと綺麗ですね。


a0076237_17331537.jpg
館内も少しだけ、パチリ。


a0076237_17332923.jpg



a0076237_1733532.jpg
この廊下を通ってレストランへ。


a0076237_1734471.jpg
そして奥を右へ。撮影はここまで。
週末のホテルのレストランはゆっくりお食事を楽しむカップルや家族連れの方で賑わっていました。


a0076237_17341332.jpg
端の方の席だったのでシャッター音をさせずにパチリ。
海外ではレストランでの注文が難しいです。この日は吉谷先生が近くにいらっしゃったのでそれぞれのメニューを解説してくださったので、何とか選んで注文。
お味は美味しかったけど、メインのパイ包みビーフは食べれなかった。

ゆっくりとコース料理をいただいて、部屋の戻ったのは10時過ぎでしたぁ。


a0076237_17342878.jpg
お部屋の窓からは森の空気がはいってきます。
アンティーク家具が設えた素敵なお部屋でした。



朝の散歩が楽しい♪嬉しい♪

a0076237_17344519.jpg
正面玄関と反対側です。


a0076237_17345486.jpg
森が広がります。
一緒にお散歩楽しんでくださ~い。


a0076237_17351370.jpg



a0076237_17352395.jpg


a0076237_17353970.jpg
鹿もいましたよ!!




a0076237_17355457.jpg
建物のあちこちにはハンギングが飾ってあって写真撮影ポイントいっぱいでした。



2泊した後は、東イングラントのエセックスへ専用バスで3時間ほどの行程です。

今回ホテルでのWiFiが安定しなくて、ブログ更新は帰国後にしました。
でも専用車のバスのWiFiが使えたので、日本との連絡や最近ブログより嵌っているインスタで
イギリスの様子お知らせする事ができました。




インスタグラムはほぼ毎日upしています
良かったら見てください♪
Instagram






*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-19 16:29 | イギリス | Comments(0)
9月11日

この日、四つ目の訪問地はシシングハースト キャッスルガーデンでした。
シシングハーストは二人の英国人貴族ヴィタ・サクヴィルウェストとハロルド・ニコルソンにより造られ
1967年にナショナルトラストに手渡されて管理されています。


ホワイトガーデンを自分の庭に作りたいと思った時にこのガーデンの写真を何度見た事でしょう。
でも一季咲きのロサ ムルガニーを中心に造られた庭ですから、今の時期は寂しかったです。

ランドマークのツインタワーも撮ってなくって(--;
でもタワーには上りましたよ。
写真少なくて申し訳ないですが。

a0076237_16403975.jpg
タワーに上った頃は西日が射してこの方向は綺麗に撮れていませんが(--;


a0076237_16411770.jpg
こちら側は遠くまで綺麗に見えましたよ。右の方にあるのがホワイトガーデンのようです。


a0076237_16413429.jpg
綺麗に整形されたガーデンが見えます。バラ園でしょうか~


この敷地は農地も含めて400エーカーもあるそうです!!







a0076237_1642879.jpg
この奥がホワイトガーデンかな。春には奥の傘のようなパーゴラが白一色になるのだと思います。


a0076237_16433890.jpg
それでも少しは白い花がありました。


a0076237_1644230.jpg
可愛い白いクレマチスも。




a0076237_164430100.jpg
この壁面にはクレマチスの果球を花が混在していました。



a0076237_16445799.jpg



a0076237_15391032.jpg


a0076237_15405095.jpg



a0076237_1541785.jpg



a0076237_1645113.jpg
少し散策してみましたが、見どころを見逃してないか心配になりました。



a0076237_16502061.jpg
エントランスの階段にはエリゲロンが可愛く咲いています。




春に訪れてみたいガーデンでした。

ショップも充実していていろいろ欲しいものが尽きません(^^;




*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-19 15:54 | イギリス | Comments(0)

メリメンツ ガーデンズ

9月11日

グレートデクスターでクリストファーロイドの庭を堪能した後は昼食を兼ねて
ガーデンセーター メリメンツへ。
ガーデンも広くてショップも充実しています。

a0076237_13455360.jpg
ここでもダイナミックなガーデンが広がっていました。
ガーデンセンターにこんなり立派なサンプルガーデンがあるなんて、さすがイギリスですね。


a0076237_134615.jpg



a0076237_1346770.jpg
花後の枯れ枯れのちょっと面白いのがありましたよ~ネームプレートが挿してあるのがありがたいです。ERYNGIUM yuccifoliumですって。
エリンジウムのようですね~こんなに高くなるのがあるのね。


a0076237_13461478.jpg
綺麗に整形されたグリーンの壁面に芝生、植物を引き立たせるには欠かせないようです。


a0076237_13462140.jpg





*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-19 15:02 | イギリス | Comments(0)

グレート ディクスター

9月11日

二番目の訪問地は
クリストアファーロイドの自宅と庭園 グレートディクスターです。


a0076237_1023817.jpg
ハウス前にはコンテナの寄せ鉢で秋とは思えない華やかな植栽です。
このハウスはロイド氏家族が住んでいたもので15世紀に建てられたものだそうですが、3年前ラベナムで見た建物と同じように木材(枕木のようなもの)で出来ています。少し傾いていたのも同じ(^^)


a0076237_10232852.jpg



a0076237_10233776.jpg
色彩豊かで、これまでとは違う秋のガーデンです。ロイド氏亡き後も個性的な花色の組み合わせなど脈々と引き継がれているのですね。


a0076237_10235597.jpg
ここはサンクンガーデン。この日は燦々と陽があたって写真が綺麗に撮り難かった。


a0076237_1024636.jpg
人が隠れるほどの高さにまで成長したサルビアやダリアなどがそれはそれは元気に空に向かて咲いていました。背景の構造物も絵になりますね。イギリスでよく見かけたOast House。


a0076237_10242271.jpg
シェードのコーナーもありました。ちょっとほっとします。


a0076237_10243981.jpg
期待大の9月のエキゾチックガーデンへ

a0076237_10245123.jpg
ジャングルの中に入り込んだみたい。トロピカル度満点、華やかさ抜群!!


a0076237_1025225.jpg



a0076237_10251469.jpg



a0076237_10252558.jpg
カンナもここでは特大です。


a0076237_10253610.jpg



a0076237_10254916.jpg
サボテンやアガぺと多肉の植栽は可愛いです。


a0076237_10271924.jpg
そして圧巻のボーダー。どれもこれもジャンボ!!!


a0076237_10273247.jpg
サンブスカ ブラックレースも大きいな~~元気だな~~いいな~~と、我が家のはイギリスに行く前に葉が落ちてしまって元気なかったなぁと思い出していました。


a0076237_10274389.jpg
もう少し先に進んでこの位置からが撮影スポットと吉谷先生からのアドバイス。なるほど~いい写真が撮れます。


a0076237_1028232.jpg
こんな植栽もありましたよ。プレクトランサスとこのド派手な花色との組み合わせ、凄い!!私ならシックな花との組み合わせしか思いつかないです。


a0076237_10281629.jpg
最後は秋の風情のこんなところもありました。



圧倒されたガーデン。色にも植栽にも。




*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-18 22:08 | イギリス | Comments(0)

デレク ジャーマンの庭

9月11日

最初の訪問地は海辺の街ダンジェネス、近づくにつれ何か重い空気に包まれるような。。。
近くに原発があり、何か地の果てに来たような気さえします。


a0076237_2161792.jpg


1994年に亡くなったイギリスの映画監督デレク ジャーマンが晩年に作り続けていた庭です。
a0076237_2162980.jpg
庭には多肉植物とこの地に適した植物が生き伸びているような感じでした。季節が違うともう少し花色があるのかもしれません。


a0076237_2164653.jpg
小石や砂利が綺麗に並べられています。何か不思議な感じがします。


a0076237_216558.jpg
敷地には入らないように周りからみてきました。コテージは変わらずとても存在感があります。周辺の住居とは趣が違っています。


a0076237_217391.jpg




デレク ジャーマンの事もこの庭の事もよく知らなかったので、ツアーに参加しなければ来る事がなかったでしょう。
観る事ができて良かったです。



*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-18 20:07 | イギリス | Comments(0)

ウィズレーガーデン

9月10日
この日最期の訪問地はフラワーショウも開催中のRHS ウィズレーガーデン。

a0076237_20411876.jpg
雨が降ったり止んだりでしたが、綺麗に整備された庭は散策もしやすくて、ただただ美しい~~とエントランスからうっとりです。


a0076237_2041369.jpg
セイヨウニンジンボクのこの花付!!花穂が大きいですね。我家のと種類が違うのか気候のせいなのか?!背景でも見え方が違いますね。


a0076237_20414410.jpg
池を挟んで反対側から臨む景色も絵になります。


a0076237_20415319.jpg
ここでもセダムの美しさが際立っていました。ここでは直立していて姿も綺麗です。


a0076237_2042183.jpg
秋の庭は花後の美しさをいろいろ見る事が出来ましたが、このフロミスも可愛いです。あちこちでみました。ここはホワイトガーデンとなっていたから白花のフロミスもあるのですね。知らなかった。


a0076237_20421396.jpg
温室を背景にグラスの色が映えます。グラスいっぱい見れて幸せ~~


a0076237_20422774.jpg
グラスガーデン。グラスだけよりも他の植物との組み合わせで引き立ちますね。


a0076237_20423620.jpg
大株のロジャーシア、カッコいい!!


a0076237_20424495.jpg
ペルシカリアとヘレニウムはよく使われていました、このヘレニウムの黒い花芯が魅力的です。


a0076237_20425482.jpg
ダリアのコーナー。華やかです!!ダリアに更に魅了されました。
なんとかうまく育てられるようになりたい。。。とずっと言ってます。勉強しなくっちゃ。


a0076237_2043817.jpg
やってきました!!これが噂のロングボーダー!!!
すごいです。いったいここだけでもどれだけの植物が植栽されているのでしょう。
時間がなくてこの周辺だけしか見れませんでしたが。。。


a0076237_20434520.jpg
アガパンサスの花後もなかなか可愛いものです。私はこれまで花が終わったら花茎をしたから切っていましたが、来年は置いてみる事にします。この状態から更に実がはじけた面白い状態のもありましたよ。


a0076237_2043589.jpg
ボーダーの植栽、一つ一つの植物が塊で咲くとこうも迫力がでるのですね。葉色と穂のコントラストが素敵なキミキフーガがとても目を惹きいい仕事をしています。関西では夏の蒸し暑さでダメになる植物なのでいっそううっとりとみました。


a0076237_20441187.jpg
リグラリアのこの色も気温と日当たりで出る色なのでしょうか。


a0076237_20442650.jpg
フラワーショウのスペースでみた寄せ鉢。

a0076237_2044368.jpg
花色が少なくてもこんなに素敵な寄せ鉢のコーナー、参考にして作ってみたくなりました。








*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-18 13:16 | イギリス | Comments(0)
9月10日

レディファームからウィズリーガーデンに向かう途中で、滞在時間は少しだけど寄ったハウザー&ワース サマセットで
大失敗をしました(--;
今でも思い出すと情けなくて悔しいのですが。。。

旅行前にもう少し下調べをしていれば避けられたかもしれません。
ハウザー&ワースは世界的に著名なギャラリー(これも知らなかった)で、そのギャラリーがサマセットにあった18世紀の農場をコンテンポラリーアートの展示を中心とする施設に改装して2014年にオープンしたそうです。その全体のランドスケープデザインを手がけたのがガーデンデザイナーのピエト・オウドルフ氏というので、そのガーデンを見る予定だったのです。
a0076237_17292674.jpg
現代アートの作品があちこちに。



a0076237_17293413.jpg
これもそうだわ~~グラスの植栽をみて、うろうろしたのですが、えっこれだけ???
不思議には思ったのですが、建物をでると周辺には4人だけ。
もうバスに皆さん戻られたのかしら?と心配になりバスへ。
でも何方もいらっしゃらなくて。。。不安になるも、それ以上は動く事もせず、不思議にも思わなかったのは我々の落ち度。


暫くして戻ってこられた皆さんの感想は、やはりオウドルフ氏のデザインされた庭は素晴らしかったとの感想。

そう、我々4人は肝心のガーデンを見ずにバスに戻ってしまったという結末でした。
下の写真は頂いたもの。だからこのガーデンについては語れません(--;






a0076237_17294182.jpg






*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-18 10:38 | イギリス | Comments(2)

レディ ファーム

9月10日 
この日は朝から雨。でもこのレディ ファームに着く頃には雨が上がって、ガーデン巡りする時に傘をささずにすみました。

a0076237_14175578.jpg
なんという景色でしょう~~~右側の道を下ってレディ フォームへ行きます。
1970年代終わりに150エーカーを買い取り、1980~90年に牛を売り払い庭つくりを始められたそうです。
庭は約12エーカー?!全然ピント来ませんが、1エーカーは1200坪。
とにかく広いとしか(^^;


a0076237_1418475.jpg
吉谷桂子先生が3年前に訪問されて、又是非行きたいと願われたレディ ファーム。このガーデンを一人で造られたジュディさんとの再会です。


a0076237_14181268.jpg
エントランス。整形花壇から始まります。赤い花はジュディさんがノーメンテナンスと強調されたペンステモン ガーネット。このグリーン一色の中に赤い花がとても綺麗でした。



a0076237_14182962.jpg
グラス類がここにも使われています。


a0076237_14184115.jpg
そしてこの景色。どこまでも続く芝生。雨でなかったら寝っころがりたかった。なんて目に優しいのでしょう~~
遠くに気になるボーダーがあるけれど、まずはこの周辺をうろうろ。


a0076237_14185290.jpg
ハイグローブでも住居部分の壁面に使われていたフジの花、ここでもいい景色を作っています。春には色が付いてきれいでしょうね~


a0076237_1419549.jpg
リンゴも多く植栽されていました。芝生に落ちた赤いリンゴ、絵画のようなシーンです。


いよいよ奥のボーダーへ
a0076237_14191561.jpg
写真ちょっと暗くてすみません。一番美しいグラスガーデンと言われているレディ ファーム。


a0076237_14192455.jpg
シュウメイギク、ペルシカリア、セダム、グラスが作り出す素晴らしい秋のボーダー。もううっとりです。



a0076237_14193450.jpg
この日の私のレインコートの色が庭にぴったりと一緒に巡ってた方が撮ってくださいました。
秋にこれて良かったと本当に思いました。イギリスのガーデン巡りは殆どが春ですものね。私は自分の庭も秋が大好きなのです。でも秋でもこんなに花がいっぱいとは!!



a0076237_1419453.jpg
素晴らしいボーダーの先には又異次元の世界が広がります。。。




ここからはもう私の下手は解説はいらないかなと。ご一緒に散策してください。
a0076237_14195747.jpg



a0076237_1420859.jpg



a0076237_14201922.jpg



a0076237_1420281.jpg



a0076237_14203988.jpg



a0076237_14204823.jpg
この敷地に樹木は2本だけ以前からあったもので、あとは全てジュディさんが植えられたそうです!!!
池も造られたと。。。
もう信じられないほどのバイタリティ、行動力、そして素晴らしいセンス。


a0076237_1510255.jpg
花色がなくても葉のフォルム、質感だけでこれだけの景色がつくれるというお手本。
ここは大きなコッツウォルズストーンが組まれたコーナーです。
力仕事をしてくれる男性がいらっしゃるのですが、すべて一ジュディさんがデザインして何でも決められるそうです。人任せにはできないとか。

a0076237_15105338.jpg



a0076237_14211644.jpg



a0076237_1421288.jpg
庭つくり始められた頃の何もなかった時の写真を見ながら、お話ししてくださる時のこのジュディさんの笑顔(^^)時間も押してかなりオーバーしていたのですが、去りがたかったです。
絶対又いきた~~い。





*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-18 07:38 | イギリス | Comments(0)
9月9日

ハイグローブの後はこの日3つ目の訪問先、ジェッカさんのハーブファームです。
ジェッカさんはイギリスにおけるオーガニックハーブ栽培の第一人者。

a0076237_10204020.jpg
広大なハーブファーム。大切に育てられた苗が並んでいます。


a0076237_10205374.jpg



a0076237_1021288.jpg
ジェッカさんがハーブの一つ一つの効用を説明、触って嗅いでそして味わってそれぞれのハーブの奥深さを伝えられます。カメラマンはお嬢さん。
フェンネルの種、初めて食べました!!口の中が爽やかになって美味しいんです。我が家にもあるので今度食べてみましょう。


a0076237_10211586.jpg



a0076237_10212319.jpg



a0076237_10213691.jpg
ジェッカさんの名が付いたハーブも沢山あります。


a0076237_10215467.jpg
こちらでは詳しく説明していただきました。オレガノです。
オレガノ ケントビューティ(左)とオレガノ ダイクタムナス(奥)を掛け合わせて出来たのが右側のオレガノ。


a0076237_1022914.jpg
オレガノ ジェッカビューティ!!拍手歓声があがります!!





a0076237_10221975.jpg
素敵なスリーショット。壁面にはお嬢さんの作品も飾られていました。
お迎えしてくださるジェッカさんとお嬢さんの笑顔がとても素晴らしくって、こちらも自然に笑顔になります。
ここでも紅茶とケーキを用意していただいていて。。。朝から三度目!!もう食べられないのですが、少しだけ頂きました。
ハーブティやはちみつを買ってきました♪

ジェッカさんのハーブ図鑑もとても魅力的だったのですが、なにせ英文。



a0076237_10222716.jpg
吉谷桂子先生が日本語版を監修されているのでこちらでハーブの事又勉強します。
庭で育てているハーブの事もっと知らないとね。





*
*
*
*
*
[PR]
# by yokolotus | 2016-09-17 14:06 | イギリス | Comments(0)

宿根草花と球根で庭作り


by yokolotus