カテゴリ:旅行( 48 )

小樽にきています

a0076237_15322465.jpg


数日の東京滞在後、新千歳空港からレンタカーを走らせ、札幌駅で長女と合流して小樽へきました。
数日前まで天候が悪かった北海道ですが、昨日からとてもいい天気。心地よい日差しを浴びながら小樽市街地を散策しています。

iPhoneから送信
[PR]
by yokolotus | 2014-09-15 15:32 | 旅行 | Comments(2)

裏磐梯へ

a0076237_6113891.jpg



高校の同窓女子会で東京から3人で福島へ。福島に住む友人が新幹線の駅まで迎えに来てくれてました。その友人と私は小学校から高校まで同窓で、大学受験の時も一緒に上京した仲。数々の思い出が蘇りますが、震災が起きた時はとても心配しました。友人が住んでいるところは地震の被害はまだ少なかった地域ですが、原発の不安は相当のものだったといいます。農作物の風評被害や住民の方々の生活など当時の事をいろいろ聞く事が出来ました。
福島駅から震災後は無料になっているというスカイラインで裏磐梯方面へ。

磐梯朝日国立公園の吾妻小富士に登ったり、桧原湖周遊。ダリの彫刻が数多く展示してある美術館も素晴らしいかった。
時々雨が降ったりする日でしたが、我々が車を降りて観光する時は不思議と晴れてるという晴れ女集団だったのでした。
写真は五色沼の一つ毘沙門池への入り口。フロックスやカクトラノオ、名前は知らない濃いピンクの花が咲いていました。

観光客も少しずつ戻ってきているそうですが、もっともっと多くの人に行ってほしいなぁと思った福島。夏の裏磐梯は初めてだったけど、山々に囲まれた林道沿いには信州の様なペンション村があったり、標高が高いので気温も低くとても涼しく快適です。

4人での旅行は初めてだったけど、いろんな事をしゃべり合えたとても楽しい一泊二日の旅でした。

iPhoneから送信
[PR]
by yokolotus | 2014-08-26 06:11 | 旅行 | Comments(2)
昨年7月に花ともさん達といっしょに行ったイギリス花の旅
ワールドブリッジ社のツアーで行ったのですが、今年のツアーの案内が届きました。
手に取ってパンフレットみているとその時の感動が甦ってきます。
何度も行ってみたくなるイギリスです。又何年後には行きたいなぁ♪

a0076237_10252883.jpg

今年は我々が行った東イングランドのツアーは開催されないようですが(昨年少人数だったからかな~)、イギリスはガーデナーにとっては観たいガーデンは数多く、どのツアーでも魅力的だと思います。

興味がある方は是非、ワールドブリッジのこのツアー、ご検討ください。
ガイドさんがとても素晴らしいのですよ。
[PR]
by yokolotus | 2014-03-10 11:04 | 旅行 | Comments(0)
長い間旅のレポート綴ってきましたが、これが最終回です。多分(^^;

8泊10日の旅の計画を立てた時に、一番気にかかった事は、大きな荷物を持っての移動を少なくなくする事でした。いろんなところに行きたいけれど、あまり移動ばかりでは疲れてしまうし、かといってゆっくり滞在型では、行ける場所が限られる。そこで一か所に2泊ずつと決めて、行程を検討しました。

ホテルは長女が旅行の際には利用しているという「エクスペディア」
ここを利用して4都市のホテル探しをしました。
予算を一人おおよそ1泊8000円と決め、駅や空港までの移動を考慮して探してくれました。

フィレンツェ
Best Westerm] Premier Hotel Laurus Duomo,Florence
a0076237_22182595.jpg
フィレンチェの街の中心地に位置しています。空港からでもタクシーで€23くらいでした。ヴェネチアへの移動は列車でしたが、駅までは歩いて10分くらい。お部屋はシックで落ち着いたいい雰囲気♪お部屋の雰囲気はここが一番好きだったかな。
a0076237_22183551.jpg
長女と私で1部屋。長男が1部屋。
a0076237_22184450.jpg
洗面所も綺麗で使いやすかった。ドライヤーも長い髪を乾かすのに十分の威力あり。


ヴェネチア
a0076237_2219421.jpg
こちらは駅近。タクシーが走っていないので、次のニュルンベルグへの移動に際に使うバス発着所の近くにしました。朝食付き。
a0076237_22193177.jpg
全てのホテルで無料Wi-Fiが利用できましたが、ここは利用できるのがロビーだけだったので、このロビーはよく利用しました。
a0076237_22194090.jpg
ヴェネチアの雰囲気があちこちに。
a0076237_22195626.jpg
お部屋は乙女チックな雰囲気。古い建物でドアの開閉が難しいかったけど、水回りは新しくなっていましたね。
a0076237_2220768.jpg
ルームキーからも歴史が感じられます。
a0076237_22201613.jpg
長男の部屋からはパティオがの臨めたようです。


ニュルンベルグ
Park Inn Radisson Nuremberg
a0076237_22203362.jpg
元気色の可愛いお部屋。ここはビジネスホテルっぽい感じかな。週末にあたったのでニュルンベルグのホテルが取れなくて苦労したようですが、着いてみて理由がわかりました。クリスマスマーケットの開催で各地からあんなに人が集まっていたからですね。
駅からはタクシーで€7位。クリスマスマーケットへも街の散策にも歩いていける場所でした。


フランクフルト
Bristol Hotel Frankfurt 朝食付き
a0076237_22205652.jpg
駅から歩いて10分かからない場所にある一ランク上のビジネスホテルという感じ。
a0076237_2221921.jpg
ロビー横の廊下。右がバー、奥は朝食をいただレストランスペース。

a0076237_22382697.jpg
明るい雰囲気のここで朝食。

a0076237_22212049.jpg
ルームキーも素敵でしょ。

それぞれ違う雰囲気でしたがそれぞれにいいところがあって、どこも居心地がいいホテルでした。
料金も平均で7550円に抑える事ができました。

帰国してからの私のパスポート。
a0076237_22385520.jpg
イタリアとドイツにいったけれど、EU内は出入国審査がないのでドイツのスタンプしかないのが残念、イタリアの押して欲しいな(^^;



長いながいレポートになってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
これにて終了です。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-14 06:31 | 旅行 | Comments(12)
a0076237_20433435.jpg
この旅で最初に列車を利用したのはフィレッツェからヴェネチアまで。フィレンチェに到着した日に駅構内にある検索機?で時間を調べます。ここでは写真をとっておきました。
一等車€63 二等車€45 フィレンツェからヴェネチアまで2時間5分。料金は日本と比べるとかなり安いです。
a0076237_20434470.jpg
こんなカッコいいし、新幹線のような乗り心地だし。


ニュルンベルグからローデンベルクへは乗り換え2回。この時はまずインフォメーションで聞いてから、チケット売り場で銀行のように番号札をとって、順番に待ちます。とっても整然としいて気持ちいいです。
a0076237_20443043.jpg
チケット売り場では丁寧に説明してくださって、こんな用紙を一緒にもらいました。列車の発着のホームまで記載されているので、安心でした。
a0076237_20444077.jpg
ローカル線ですが、車内はこんなに立派です。
a0076237_20445162.jpg
列車の外観。


フランクフルトからハイデルベルグへも検索してみたら、日本で調べていた情報とは別に時間はかかるけど安くて乗り換えなしでいける方法が見つかりました。
a0076237_20451452.jpg
所要時間1時間で乗り換えがあるのは€20.25 所要時間は1時間半で乗り換えなしでいけるのは€12.3 経費節減で乗り換えなしで行く事にしました(^^)

a0076237_20452417.jpg
こんな機械で検索します。


ところで我々がいったイタリア、ドイツの駅には改札がありませんでした。車内で検札があるのですが、ミュンヘンからニュルンベルグへ列車移動になった際に不思議に思ったのは、変更済みの航空券を一度も見せる事がなかったのです。ルフトハンザ航空の方が手書きで訂正したチケットでミュンヘン経由でニュルンベルグまでいけるかやや不安もあったのに、ニュルンベル部までどこで降りようが乗ろうが大丈夫で、肩透かし感がありました。いったいどうなってるの?


もう一つ、フランクフルト駅から空港までは€4。チケットを購入している人見かけないのですが、我々はもちろん3人分購入して乗りましたが、日本の在来線や地下鉄みたいな混雑した列車なので車掌さんが乗ってるって感じでもなく、改札もないので、購入した切符も見せる事もなく・・・ここでも、どうなってるの?状態。


a0076237_11523480.jpg
上:ニュルンベルグからフランクフルトまで乗った乗車券。車中で検札を受けました。赤い→これは納得。
中:ミュンヘンからニュルンベルグへの航空券。ルフトハンザ航空の方がTRAIN以外のところを消しています。これ列車では見せる事もなく、そのまま手元に。
下:フランクフルト駅から空港までのチケット。こちらもチェックなくそのまま手元にあります。

同じ列車に乗っている人たちも定期券のようなものを掲示するという場面には遭遇しないし、ドイツ列車の不思議でした~~~

そうそう、それからドアは自力で開けます。ボタン式はいいけどハンドル式は硬くて開けられない時があって、車内にいる人が開けてくれた時もありましたよ。
異国ではいろんな体験して面白いですね。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-13 11:00 | 旅行 | Comments(2)
ローデンブルクの街並みで目を惹くアイアン飾り。とっても芸術的で日本ではなかなかお目にかかれないようなものばかり。
a0076237_19571560.jpg


a0076237_19574353.jpg


a0076237_1957456.jpg


a0076237_19581613.jpg


a0076237_19581577.jpg


a0076237_19584250.jpg

どれも素敵~~~こんなアイアンが似合うお家でないとね。


ニュルンベルグ
a0076237_201715.jpg

[PR]
by yokolotus | 2012-12-12 18:25 | 旅行 | Comments(6)
季節が冬でなければきっと素敵なコンテナや植栽も観る事が出来たのでしょうけど、クリスマス飾り一色で振り返ってみるとあまり撮れていませんでした。

フィレンチェ
a0076237_12511829.jpg
シキミアのコンテナ。寒さに強いからでしょうか、よく使われいました。コンテナはシンプルだけどクリスマスガーランドが素敵な窓辺を演出しています。



ローデンブルク
a0076237_12513569.jpg
カルーナもよく使われています。 ここは窓枠の壁面装飾が素晴らしい。


a0076237_12514630.jpg
葉ボタン、ドイツでも使われているのね。コンテナ本体はプラ鉢っぽいですけど。


a0076237_12522647.jpg
一番可愛いと思ったのはこちら。ガーランドが栗の実で出来てるんです!!コンテナ植栽の色合いもシックですよね。
a0076237_12523622.jpg
壁面全体も素晴らしい。間にはバラがトレリスに誘引されていました。


a0076237_12524462.jpg
こちらも素敵だった。ドライのものとの混植かな。コンテナカバーも木製でこだわりが感じられましたよ。
a0076237_12525417.jpg
個人のお宅のようでしたけど、綺麗に飾ってありました。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-12 08:10 | 旅行 | Comments(2)
11/29朝はヴェネチアのホテルでとっていざドイツへと向かいしたが、ヴェネチア空港で一度ラウンジ利用できたので、軽く軽食をとりました。
その後アクシデント発生、その時の様子はこちら

途中でミュンヘンのクリスマスマーケットに寄った時には、ドイツ初のソーセージ食しました。

a0076237_2133139.jpg

夜はミュンヘンからニュルンベルグまで急きょ列車での移動となり、ミュンヘン駅で調達した夕食です。このルフトハンザ航空券持って列車に乗っているという証拠写真(^^;


11/30も朝はニュルンベルグからローデンベルグへ向かう列車の中でパン食。そろそろパンも飽きてきたなぁ。


ローデンベルク
a0076237_21384641.jpg
ガイドブックの中から選んだジャガイモ料理のお店。店内はもちろんクリスマス一色。サンタクロースさんが休憩中でしたよ。
a0076237_21384165.jpg
まずはワインを注文。
a0076237_2139237.jpg
右上のジャガイモのスープから時計回りに、ジャガイモのドレッシングを使ったグリーンサラダ、ジャガイモのピッツア、ラザニア、ジャガイモ入りのオムレツ。計5品も注文しちゃいました~どの品もとても美味しかった。じゃがいもづくし(^^)でも流石に食べきれなかった。
a0076237_21385696.jpg
外観もこんなに素敵な「カルトッフェルシュトゥベ」我々が一番のりでしたが、段々増えてきてとても賑わっていました。ローデンベルグ駅から行くとレーダー門の手前に位置するためか、日本人観光客は目にしませんでした。バスツアー客が到着するのはローデンベルグの街の反対側のようなのです。


ニュルンベルグ
a0076237_21394895.jpg
11/30夜はニュルンベルグのクリスマスマーケットでハンバーガーなど食べました。


a0076237_2248195.jpg
12/1スタバで朝食。パンにも飽きてきたけど、スタバのはちょっと違う感じなので私はベーグルを。ブラウニーが甘くて美味しい。

a0076237_22481677.jpg
12/1昼間でも外は寒いのでクリスマスマーケットの側のレストランに入ったら、なんとイタリアンレストランだった(^^;ハムの盛り合わせやピッツァを注文。よく食べたなぁ、ピッツァ。


フランクフルト
12/1夜はイタリア料理やウインナーも飽きてきたので、移動したフランクフルトの駅構内のアジアンフードを食べた。フォーや焼きそばなど。


a0076237_2141832.jpg
12/2フランクフルトのホテルは朝食付き。外では雪が降り始めました~~
a0076237_21412422.jpg
ビュッフェスタイルの朝食は野菜の品揃えが多くて、嬉しい。ソテーしたパプリカ、ナス、キノコ類がいろいろ。生野菜も美味しかった。
a0076237_21413176.jpg
ヨーグルトも旅行に出てから久しぶりに口にできた♪フルーツをいっぱい入れて。

a0076237_2141519.jpg
12/2昼はハイデルブルク城内のカフェバーが落ち着いた感じで良かったので、食事は出来ないけど、スイーツをいただきました。後でガイドブック見たら、シュヴァルツヴェルダー・キッルシュトルテとキルシュシュトロイゼルというドイツを代表するスイーツだったみたい。お味もグーでしたよ。

a0076237_2142058.jpg
12/2夜はハイデルブルクのクリスマスマーケットで美味しそうに焼かれていたお肉の匂いに誘われて長男がステーキを注文。ステーキまでもパンに挟むのがクリスマスマーケット式?!右側奥の網で大量のソーセージやステーキ、串挿しの肉が炭火で焼かれていますが、出来上がるそばからどんどん売れていましたよ。美味しくって、もう一つ注文しちゃいました~
と、お隣さんのグループが串挿し肉を注文。なんと長い串までパンで挟んでました!!


a0076237_21422049.jpg
12/2夜は汁ものが食べたくなって、日本から持ってきていたカップヌードルを食べました~~ホテルの部屋にはポットがなかったので、ホテルのバーにお湯を注いでもらったのでした(^^;優しい女性の対応に感謝しつつ、カップヌードルを懐かしくいただきましたよ♪それだけでは足らない長男は駅構内でフライやシチューも買ってました。恐るべし強健な胃袋!!
そして、夜はそのバーにいってビールで乾杯したという訳です。



12/3ドイツ最後の日の朝は時間もたっぷりだったので、ホテルでゆっくり朝食をいただきました。
a0076237_2142387.jpg
12/3昼、ガイドブックで探したドイツ郷土料理レストランにて、ドイツビール注文。ここでは日本語メニューもありました♪懐かしや~~
a0076237_21424926.jpg
2人が頼んだのは250gの厚切り牛ヒレステーキ!!あつあつの石板にのってきました。切って焼きながら頂きます。私はスープだけ注文して二人に少しずつもらって食べましたがお肉は軟らかくてポテトはカリカリで美味しかった。

隣の席には中年女性のグループがいらして、我々がメニューを検討中に注文された料理が運ばれてきたので覗いてみると、皆さん、なんとボリュームたっぷりのセットでした。あれは無理って事でステーキ注文したのです。

a0076237_21425728.jpg
看板がいろいろ架かってて分かりずらかったけど、レストランの入り口。「シュタイネルネス・ハウス」でした。



こうして見返すと、本当にいっぱい食べましたね~~日本にいると多国籍の料理を食べ慣れているので、長女と私は毎日洋食は飽きるし量も少しでいいのですが、長男は飽きる事もなく強靭な胃袋でいろいろ注文します。そのお蔭でいろんな料理を味わう事ができて良かったのかもしれないですね。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-11 11:27 | 旅行 | Comments(2)
海外旅行先では行き先の食べ物が美味しいかどうかで随分食生活が変わりますが、今回はイタリア、ドイツだったので、美味しい食事を頂けましたよ。

機内食行きだけ撮ってました(^^;
a0076237_17224683.jpg
夕食は和食をチョイス。もちろんビールと共に。行きはなるべく起きていた方がいいという事で、映画を2本観ました。長男は5本、長女は4本も観たそうな。

a0076237_17225469.jpg
こちらは朝ご飯。

a0076237_1723034.jpg
オムレツが美味しかった♪



フィレンチェ
a0076237_17232749.jpg
11/26サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の側のカフェで朝ご飯。

a0076237_17233753.jpg
早かったので店内空いてました~

a0076237_17234616.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のイラストが可愛いメニュー。


a0076237_17235684.jpg
11/26昼。イタリアにきたからにはやはりピッツァ食べようと、ガイドブック掲載の「ボルゴ・アンティーコ」へ
ピザ2枚とサラダ1皿&ドリンク。イタリアでもドイツでもまずドリンクを聞かれる。日本はすぐに水を持って来てもらえるのでありがたいと思う。アンチョビ入りは塩っぱい。


a0076237_172467.jpg
やはりジェラードも外せない。でもお腹がいっぱいだったので3人で一つ頼んだ。


a0076237_17241933.jpg
11/26夜。こちらもガイドブック掲載から探していった「ラ・スパーダ」老舗のお店でテイクアウトの品数も多くて人気店らしい。家庭的な雰囲気だった。
シェフおすすめリゾットときのこのクリームトリッティーニ。リゾットはやや塩辛いかな。サラダはオリーブオイルとバルサミコ酢がいっしょにくるので自分で掛けて食べる。いつも同じ味になるわね。
a0076237_17242837.jpg
チキンのバルサミコスソース。グリル料理。さっぱりしていてそれでいてパサつきもなく美味しかった。



a0076237_17275214.jpg
11/27朝、昨日に引き続きピッツァ。4ピースを3人で。お供のドリンクはフレッシュジュース。
a0076237_17282093.jpg
ウッフィッツィ美術館に向かう途中で発見したお店。思わず美味しそう~~と引き込まれてしまった。



a0076237_17281784.jpg
11/27昼。ヴェネチアに向かう列車の中で食べようとフィレンチェ駅でマクド購入。私はマクドではフィレオフィッフュしか食べないので、ここでも注文したけど、フライが冷めててかたくなってて美味しくなかったよー




ヴェネチア
a0076237_17291816.jpg
11/27夜。雨降る中ガイドブックの地図を見ながら二人が探し当ててくれた「カンティーナ・ド・スパーデ」
バーカロ(立ち飲み居酒屋)とトラットリアが併設したお店で奥のテーブル席には我々ともう1組の日本人カップルだけだった。地元の人はもっぱらバーカロでおしゃべりしながらカウンターで過ごしていました。
アサリのスパゲッティとエビの辛めトマトソース
a0076237_17291411.jpg
アンコウのタリアテッレというきし麺のようなパスタ。お味はどれも美味しかった。頑張って探してくれた甲斐があったね。他にもイワシの一品料理を頼んだけど写真なし。


a0076237_17293849.jpg
11/28朝はホテルで食べて、お昼はがっつりバーガロで食べました。呼び込みが激しいレストランが並んでいる中でどこにしようか迷っていたら、ここは店内に人がいっぱいいたので入ってみた。並んだ料理の中から選べるのも分かりやすくていい。まずはビール注文。

a0076237_17293531.jpg
ワンプレートに数品載せたもの。サラダといんげんの炒めもの。野菜がなかなか取れなかったのでとっても美味しくて良かった。
a0076237_17295758.jpg
長男待望のムール貝のパスタ。やっとあったね。
a0076237_17295538.jpg
レストランでは使えるお店が多いけど、ここではカードは使えませんの大きなポスターが貼ってあった。使えるお店ではVISAかMaster Cardは大丈夫。JCBは交通機関などでは使えました。気さくなおじさんがいる楽しいお店でした。



a0076237_17302950.jpg
11/28夜はスィーツだけにしました。チョコパフェ、チョコムース、ティラミス。チョコだらけね(^^;
a0076237_17302332.jpg
雰囲気のあるリアルト橋そばの川岸のレストラン。上からも横からもヒーターが付いていて結構暖かい。赤いのはヒーターの色。


ガイドブックで紹介されていたお店の中から選んで入ったのが殆どだったけど、どこも美味しかったのでやはり頼りになるなぁ。ドイツでもよく見てから決めていこう。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-10 06:10 | 旅行 | Comments(6)
a0076237_15493623.jpg


今回、海外旅行では初めて現地からスマホで旅レポートを投稿しました。
一緒に旅を楽しんでいただけた方も多かったようで、励みにもなりました。
旅の間って夜は時間があるので、投稿が一つの楽しみでもありました。早朝に目が覚めてしまう事が多かったので、疲れて寝てしまった夜は、早朝に記事書いたりもして(^^;

帰国後デジカメ撮影の膨大な写真を整理して、少しずつ追記をして、先ほどなんとか終了♪

これまでみてくださってた方もそうでない方も、イタリア、ドイツの旅に興味がおありの方、見ていただけると嬉しいです。

ここをクリック。始まります。

コメント欄下の左向き<<をクリックしていただくと日程順にご覧いただけます。
[PR]
by yokolotus | 2012-12-09 15:52 | 旅行 | Comments(0)

宿根草花と球根で庭作り


by yokolotus