シシングハースト キャッスルガーデン

9月11日

この日、四つ目の訪問地はシシングハースト キャッスルガーデンでした。
シシングハーストは二人の英国人貴族ヴィタ・サクヴィルウェストとハロルド・ニコルソンにより造られ
1967年にナショナルトラストに手渡されて管理されています。


ホワイトガーデンを自分の庭に作りたいと思った時にこのガーデンの写真を何度見た事でしょう。
でも一季咲きのロサ ムルガニーを中心に造られた庭ですから、今の時期は寂しかったです。

ランドマークのツインタワーも撮ってなくって(--;
でもタワーには上りましたよ。
写真少なくて申し訳ないですが。

a0076237_16403975.jpg
タワーに上った頃は西日が射してこの方向は綺麗に撮れていませんが(--;


a0076237_16411770.jpg
こちら側は遠くまで綺麗に見えましたよ。右の方にあるのがホワイトガーデンのようです。


a0076237_16413429.jpg
綺麗に整形されたガーデンが見えます。バラ園でしょうか~


この敷地は農地も含めて400エーカーもあるそうです!!







a0076237_1642879.jpg
この奥がホワイトガーデンかな。春には奥の傘のようなパーゴラが白一色になるのだと思います。


a0076237_16433890.jpg
それでも少しは白い花がありました。


a0076237_1644230.jpg
可愛い白いクレマチスも。




a0076237_164430100.jpg
この壁面にはクレマチスの果球を花が混在していました。



a0076237_16445799.jpg



a0076237_15391032.jpg


a0076237_15405095.jpg



a0076237_1541785.jpg



a0076237_1645113.jpg
少し散策してみましたが、見どころを見逃してないか心配になりました。



a0076237_16502061.jpg
エントランスの階段にはエリゲロンが可愛く咲いています。




春に訪れてみたいガーデンでした。

ショップも充実していていろいろ欲しいものが尽きません(^^;




*
*
*
*
*
[PR]
by yokolotus | 2016-09-19 15:54 | イギリス | Comments(0)

宿根草花と球根で庭作り


by yokolotus