プライベートガーデン FURZE HOUSE

2013年7月9日(火)

二つ目のプライベートガーデンはノーフォークのガーデンです。
a0076237_16205216.jpg
ngsの黄色いプレートが目印です。

a0076237_16201097.jpg
州別のイエローブック、私はノーフォークとエセックスのだけ頂いてきていました。
7日に訪問したルーシーさんのサーフォークのをもらい損ねてて、残念。

a0076237_16214568.jpg
こちらのお宅も広くて、迷いそうです。まずお家の側を通って、コンサバトリーを見ながらガーデンへ。

a0076237_16244599.jpg
この日のランチは旅行会社からのサービスになって、ガーデンでランチをいただけるという事に。ラッキー!!広いお庭の一角に12名が座れるテーブルセットがされておりました。

a0076237_1628845.jpg
オーナーさんとガイドの木島さん。この庭の歴史を語ってくださいました。この日は私たちだけのために一日あけてくださったのです。

a0076237_16281861.jpg
サラダランチです。いろんな種類のお野菜が盛りだくさんです。数えきれないくらいの種類でした。お味もいろいろ付いていてそのままいただきます。
チーズも用意してくださっていて、私はクランベリー入りとても美味しくて気に入りました。帰りに空港で探したけれど、見つからず残念。

ガーデンはとにかく広くていろんなシーンがあります。
a0076237_16285134.jpg
バラのトンネルもいい感じですね。

a0076237_16444359.jpg
ガゼボの横の植栽も素敵。日本のお庭でもこんな雰囲気見れますね。

a0076237_16445377.jpg
ボーダーの植物も元気でモリモリです。土が肥えているのだと思います。

a0076237_1645614.jpg
このシーンがとても素敵。下草も可愛いし、この木は何の木でしょうね~~

a0076237_164515100.jpg
連なった可愛い実が下がってるんです。

a0076237_16453051.jpg
ここにもEryngium giganteum青花がありましたね。ライム色のはとの組み合わせ、素敵です。

ガーデンを案内してくださったのは旦那様だったのですが、ガーデニング歴は断然奥様の方が長くて植物にもお詳しいのだそうです。でも名前を聞くとよく答えてくださって驚きました。時々頭を抱えて分からないのポーズ。奥様に聞きてくれ~と。
その奥様の写真は撮り損ねたのですが、奥様でもこれだけの広いガーデンの植物の数は相当なもの。度忘れされた時は、分厚いプランツリストから探して教えてくださいました。
遠く日本からきた私たちをとても歓待してくださって嬉しかったです、とても楽しい時間でした。

a0076237_16463010.jpg
広いガーデンには池もあり水車も廻ってましたよ。

a0076237_16291114.jpg
ライム色のスモークツリーはあまり大きくならずにいっぱいスモークしてていいですね。

お別れの時も駐車場まで見送ってくださいました~~~



この後は更に北へ車を走らせて、今夜の宿があるノーリッジの街へ向かいました。
[PR]
by yokolotus | 2013-07-18 18:14 | イギリス | Comments(0)

宿根草花と球根で庭作り


by yokolotus