マニントンホール&ガーデン

2013年7月10日(水)

a0076237_9233945.jpg
広大な敷地あるマニントンホール。現在もお住まいになっているので、ホールの中は非公開でしたが、ホールの周辺には自然を生かした心が安まる様々なガーデンがありました。
驚いたのは廃墟のチャペルに案内された時です。まるでシーズンズのチャペルの遺跡かと勘違いするほど。
ポールスミーザー氏はここを再現されたのでしょうか?
帰国後に写真追加いたしますね。

ランチもここのカフェで美味しいサンドイッチをいただき、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしたのでした。

7/20追記
振り返ると今回のイギリスの旅でベス・チャトーガーデンの次に私の心に残っていたガーデンはこのマニントンホール&ガーデンでした。ここではたっぷりの時間があって、写真もいっぱい撮れていました。

a0076237_11161295.jpg
入り口です。綺麗に刈り込まれた緑の塀は何でしょう。

a0076237_11163752.jpg
広大な敷地ですが、まずはホールの方へ。小さな橋の周辺にはイギリスでよく見かけた赤い花。セントランサス(英名レッドバレリアン、和名ベニカノコソウ)が満開です。

a0076237_11165317.jpg
小屋がとても素敵。こんな屋根の色がいいなぁ。植栽は遠くから見ただけなのでバラの名前も分からないけど。


a0076237_11171094.jpg
小屋から続くレンガの塀に芝生。こんなお庭は作れないけど、やはり芝生の庭は目に優しいのでしょうね。みているだけで癒されます。

a0076237_1117238.jpg
歴史ある建物は風格が違いますね。ホール全体にもバラやつる植物が這わせてあります。ここのバラは前日に行ったピーター・ビールズのバラのようです。
出来ればホール内を、ほんの少しでいいから、みたかったな~

a0076237_11174191.jpg
スタッフの方に説明をうけていたら、オーナーのウォルポール夫人がいらっしゃって、ご挨拶してくださいました。日本のツアーが来ることが珍しいそうです。ガイドの木島さんはレディ・ウォルポールと紹介されました。貴族夫人への呼び方のようです。

a0076237_11181215.jpg
ホールから見た正面には芝生と池、その奥にも植栽が広がっています。どこまでも手入れが行き届いたガーデンです。

a0076237_11183898.jpg
ホールを取り囲むように配置された水場の外側にはこんな葦でしょうか、自然いっぱいの景色が広がります。

a0076237_111859100.jpg
一人で歩いていたらきっと道に迷ってしまうでしょう~~ずっと奥にもあるけれど、ひとまず説明をうけるために垣間見ただけ。

a0076237_11191540.jpg
次に案内されたのはテーマ別に植栽されたガーデン。バラが多く植えられています。

a0076237_11193647.jpg
トレリスに誘引してあるバラはピーター・ビールズ・ロージズでみた可愛いアプリコットのグラデーションのバラのようです。

a0076237_11195875.jpg
レンガ塀には白いバラが引き立ちますね。

a0076237_11201588.jpg
バラだけではありません、宿根草もたっぷりと植えてあります。ゲラニウムはどこでも大株です。

a0076237_11203847.jpg
なんて素敵。このワンシーンだけでも自分の庭に再現できたらなぁ。バラだけでなく宿根草の活き活きとした植栽にとても惹かれます。

a0076237_11205889.jpg
このガーデンは子どもたちにも人気で、それは小屋や写っていませんが植栽で作ったトンネルなどがあって子どもたちが遊べるようになっています。

a0076237_11211438.jpg
トワダアシのような斑入りのグラスがあるここも好きな雰囲気。


a0076237_1121427.jpg
広大は敷地を横切って次なるガーデンへ。どこまでも続く道~~

a0076237_1122389.jpg
一旦敷地横の車道を横切ると「チャペル ガーデン」の案内板があります。

a0076237_11222332.jpg
森の中を歩くと突如現れた門。

a0076237_11224381.jpg
廃墟のチャペルです。そう、ここが宝塚ガーデンフィールズにあるシーズンズのチャペルの遺跡に来たのかとカン違いするほど似ていた場所です。
シーズンズの庭を造られたポール・スミーザーさんはイギリスの方だから、廃墟のチェペルのイメージはあるのでしょうね。いつかお会い出来たら、聞いてみたいです。

a0076237_1123315.jpg
内の雰囲気がもっと似ているかも。ここにバラを這わせたらそっくりですね、きっと。

この周辺は春にはイングリッシュブルーベルが咲くそうなので、いつか本場でもみたいものです。

シーズンズで来年からブルーベルが見れるか、とても厳しいようです。


ランチタイムになりました。
a0076237_11233420.jpg
大木が植えられた芝生広場を横切ってカフェの方に戻ります。

a0076237_11234828.jpg
カフェの壁面にもいろいろなバラが誘引されています。そういえば近くによって見なかったなぁ(^^;
マニントン・ランブラーという可愛いバラがあったはずなのに。


a0076237_11241555.jpg
私がいただいたのはサンドウィッチ。アボガドやハムをここで焼かれたパンで挟んであります。とっても美味しかった~~

a0076237_11243270.jpg
少しずつ頂いたスコーンもとても美味。盛り付けもオシャレですね~
コーヒー党の私もここではイングリッシュティと共頂きました。

a0076237_11244833.jpg
背景が綺麗でとても綺麗な写真撮っていただいたので、これも載せちゃいます。

おしゃべりしながら素敵なガーデンをみながら、カフェで過ごす至福の時間でした。そろそろ集合時間。


a0076237_1125758.jpg
集合場所へ向かう途中にも素敵なシーンがあります。アルケミラモリス、本当に素敵ですね~


a0076237_11252786.jpg
可愛いな~こんな花壇も造りたくなりました。




MANININGTON GARDENZ
open 
May-Serptember Sundays 12 noon-5pm
June-Augaust Wednesday, Thursday&Friday 11am-5pm
Adalts £6.00

Norwich NR11 7BB



iPhoneから送信
[PR]
by yokolotus | 2013-07-20 10:49 | イギリス | Comments(0)

宿根草花と球根で庭作り


by yokolotus